21世紀を生きる若者に、時代劇に携わってきた演出家として、どうしても残していきたい“日本人の心”を、
舞台作品で、未来を担う子供たちに伝えたい。

時代劇の中にある“武仏の精神”と“人間の情愛”を物語に乗せて届けることで、とっかかりこそあれ、なじみのあるものとなって残ってもらえたら、こんなに幸せなことはありません。

そのためにも継続は力なり。

年に二回の“サムライ興行”と“ボテフリ興行”と名付けた時代劇興行を行っていく予定です。

毎年12月には殺陣をふんだんに盛り込んだ作品で、武士の粋を描く“サムライ興行”を、6月には歴史上では声なき民衆の、たしかな息吹、声なきゆえに渦巻く活力を多種多様に描いた作品で“ボテフリ興行”を行います。

この興行にたずさわるすべての若者が、紡がれていく命をどのようにリレーションしていってくれるのか、楽しみに観ていただきたいと思っています。

どうぞ温かく、ご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

ポロロッカ春耀会代表・織田真己


画像クリックで個別ページに移動します

ポロロッカ春耀会『合掌 ~いただきます~』

Vol.1 「合掌 ~いただきます~」