オフィスポロロッカ

代表・織田真己

登録制 エージェント俳優


【理念とスローガン】

“人を動かす”と言う事を真剣に考えると心理学に行き当たります。“人を信用させる”と言う事を真剣に考えると詐欺師に行き当たります。上手い役者は、詐欺師的演技力があります。“人を引き付ける”と言う事を真剣に考えると芸能人・犯罪者に行き当たります。カリスマ性を持つ個性・野性的な直観力・飽くなき闘争本能があれば、絶対に俳優になれる。

俳優と言うものは、我儘で身勝手な人間の集まりと言って良い。しかし、歴史に残る俳優たちは、破天荒ではあるが皆“最高の個性”を持っていました。

ポロロッカには俳優育成論として、俳優の戒めである『十ケ条』『二十ケ条』『三十ケ条』があります。

俳優の人生は、“芸の道”です。道を歩くと言う事は首を賭けると言う事です。命懸けの仕事に体を張る位の想いが必要だと言う事です。

舞台の上で死んでも良いと役者が言う様に、“芸の道”は厳しいものです。

己の終活が売り物になるのが俳優と言う職業です。先人・先輩達の言葉を後人・後輩に伝え残す事が私の天命だと信じています。

 エージェントシステムを俳優達が行う“俳優が俳優による、俳優の為のポロロッカ”が、形になったのがオフィス・ポロロッカです。“自分の道は、自分が切り開く”がスローガンです。

“最高の個性”と“最低限度の演技力”を身に付けましょう。

 

オフィス・ポロロッカ 代表・織田真己


【設立】

★1997年2月1日 日暮里に事務所と専用スタジオを開く

『オフィスポロロッカ』はTV・CM・映画・Vシネマ等【映像】の作品へのマネージメント・プロモート・ケアーを推進し、活動を始める。

スタート時より当時では珍しいエージェント・システムでマネージメントを行う。


【当時付合いのあった取引先】

(株)テレパック、5年D組、C.A.L.、(株)カズモ、株式会社NHKエンタープライズ、(株)ホリプロダクション、株式会社ファインエンターテイメント、株式会社エンターテイメント倶楽部、(株)円谷プロダクション、オセロット、オフィス点、インターフィルム、などの制作会社。


【当時のマネージメント作品】

「ウルトラマンマックス」「ぶるうかなりあ」「こちら本池上署」「警部補・佃次郎」「公証人」「はぐれ刑事純情派」「こころ」「ちゅらさん3」「水戸黄門」「新撰組」「義経」「オペレッタ狸御殿」「あぶない刑事」「バトルロアイヤル」「半落ち」「赤い月」「座頭市」「影の軍団」「嗚呼!一軒家プロレス」他多数


【経緯】

★2005年1月 代表・織田真己が脳梗塞で倒れ右半身不随となり、マネージメントは事実上ストップする事になる。

以後、オフィスポロロッカのマネージメント業務は、プロモートのみとなっていました。

★2017年7月 紆余曲折の後、今年よりオフィスポロロッカのマネージメントを再開。

新たな形での再スタートした、オフィスポロロッカの仕事形態は時代の変化に倣って少し変わって来てはいますが、理念と思想は変わりません。

エージェント俳優によるエージェント・システムでの俳優プロモートとマネージメント・ケアーが仕事内容です。


【所在地】

〒123-0872 東京都足立区江北1-1-7-203

電話;090-2475-5286

E-mail;oda.shinya.4021@gmail.com

※電話でのお問合せは、伝言を必ずお残し下さい。折返しこちらよりご連絡致します。