アップデートのお知らせ (2021年1月20日13:54)
他のユーザーをフォローできるようになりました!今後のアップデートにて、フォローしているユーザーの問題の一覧を見れるようになる予定です。
これは公開リストです。

言オリ風問題

writer: halphy / ジャンル: その他 / 難易度:

言語学オリンピックで出題される問題を模した自作問題です。
私に JOL や IOL の参加経験はなく、各言語に対する知識も深いとはいえないので単なるパズル問題として楽しんでいただければ嬉しいです!

第 1 問 グルジア語 writer : halphy

問題文

以下にグルジア語(ジョージア語)の数詞で書かれた等式がある。

  • tekvsmeṭi - ati = ekvsi
  • ati + ori = sami × ori × ori = ekvsi + ekvsi
  • ati × rva = otxmoci
  • ori ^ xuti = totxmeṭi + tvrameṭi = ormoci - rva
  • otxmocdaori - erti = sami ^ otxi
  • ekvsi × erti = ekvsi
  • cameṭi × švidi = otxmocdatertmeṭi
  • sami + švidi + ocdarva = ocdatvrameṭi
  • otxi × oci = otxmoci
  • tormeṭi ^ 2 + ocdatxutmeṭi ^ 2 = ocdačvidmeṭi ^ 2

⑴ 次の数をグルジア語で表しなさい。
\begin{equation}
5, 17, 22, 36, 93
\end{equation}

ormocdaati を数字で書きなさい。

注意

問題文に現れるすべての数詞は $1$ 以上 $100$ 以下である。また,a ^ b は $a^b$ を意味する。ṭ, š, č, c はそれぞれ音素 /t'/, /ʃ/, /tʃ/, /ts/ をもつ子音である。

解答形式

改行区切りで

five
seventeen
twenty two
thirty six
ninety three
334

のように入力してください。特殊文字 ṭ, š, č はここからコピーして貼り付けてください。スペルミスに注意しましょう。

第 2 問 チュクチ語 writer : halphy

以下に,重複を除いた最初の $11$ 個のフィボナッチ数とそのチュクチ語訳がある。数字は小さい順,チュクチ語は辞書式順序で並んでいる。

$$
1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144
$$

  • ənnen
  • mənɣətken ŋəroq paroɬ
  • mətɬəŋen
  • ŋer'amətɬəŋqɬekken ŋəraq paroɬ
  • ŋəraqqɬekken ŋər'amətɬəŋen paroɬ
  • ŋər'omətɬəŋen
  • ŋəroq
  • ŋireq
  • ŋireqqɬikkin kəɬɣənken paroɬ
  • qɬikkin ənnen paroɬ
  • qɬikkin mənɣətken ŋəraq paroɬ

問題文

  1. 数とチュクチ語との正しい対応関係を答えなさい。
  2. チュクチ語で書かれた次の等式を数字で書きなさい。
    • ŋəroq × ŋer'amətɬəŋen = qɬikkin ənnen paroɬ
  3. Aさんは、以下の等式の空欄 $\fbox{ X }$ に入る数詞が ənnenmətɬəŋen だと予想したが、これは誤りであることが分かった。正しい答えをチュクチ語で書きなさい。
    • mətɬəŋen × $\fbox{ X }$ = qɬikkin mənɣətken paroɬ
  4. チュクチ語で書きなさい: $15, 42, 60$

⚠︎ チュクチ語はチュクチ・カムチャツカ語族に属する。ロシア・チュクチ自治管区で約5,000人が使用している。
ɣ ɬ ŋ q ' は子音である。ə は母音である。

*7/19 9:30 ヒントを追加しました。
*7/20 0:06 ヒントを追加しました。

解答形式

  • 問題 1 → 1行目〜11行目に答えを書きなさい。上から順に並んでいるチュクチ語の数詞に対応する数を,改行区切りで数字で書きなさい。
  • 問題 2 → 12行目に答えを書きなさい。記入例:1x1=1(掛け算記号には x を用い,スペースを入れないこと)
  • 問題 3 → 13行目に答えを書きなさい。
  • 問題 4 → 14行目〜16行目に改行区切りで答えを書きなさい。必要ならば半角スペースで分かち書きをすること。